博多漁家 磯貝 / しらすくじら

磯貝のこだわり

創業1989年
博多の地で 博多漁家“磯貝” を営み間もなく30年。

末次利行

1989年、22歳で「磯貝」を開業。
ホテルの和食部門や東京の居酒屋で修行をした後、わずか8坪の店舗で磯貝をスタート。
魚にこだわる博多の人たちに愛される居酒屋に育て上げた。

福岡市早良区藤崎に、
わずか8坪の店舗からスタートした磯貝。

とにかく魚が安くて美味い店』として、

博多の食通や多くのプロ料理人からもご支持をいただき
まもなく創業30年を迎えようとしています。

漁師家系で育った磯貝店主の目利きで、
創業当初からずっと今も変わらず、
素材を吟味、厳選しています。

地元『姪浜漁港』はもちろんのこと、
圧倒的な質と量で全国でも大きな存在感をみせる
博多魚市場』からも、毎日新鮮な天然物の魚介類が届きます。

高品質ながらも低価格でご提供できる秘密は、
姪浜漁港や博多魚市場において水揚げされた鮮魚を
一番最初に競り落とすことのできる権利、
売参権』を保有しているからです。

多くの小売店は問屋や仲買いから魚を仕入れますが、
博多漁家磯貝はこの売参権によって
問屋や仲買いと同じ立場で魚を競り落とし、
それらの魚はその日のうちに店頭へと並ぶのです。